ブラックジャック 声

ブラックジャック 声

 何もわからない……けれど、ずっと自分が、自分本位の世界を生きてきたことだけは、わかる

それがとても後悔で、辛くて、悲しくて……

「そんな顔をしないでください

……この程度は、よくあること

世界なんて、人それぞれ

あなたも好きかも:ドラクエ4 スロット
正直なところ、ヘルミナさんとぴったし波長が合うのは、この人くらいだったことでしょう」 そう言って、清掃員は手を俺から離した

 その手には白く輝く使徒シスの魔石が握られていた

「それは……」 いつの間にか、盗られた

 取り返そうと俺は手を伸ばすが、届かせるだけの力が湧かなかった

 清掃員は距離を取って、視線をカナミに向けた

あなたも好きかも:パチスロ マスカット
使徒シスの魔石を乗せた手の平を差し出して、神に仕える巫女のように恭しく頭を垂れる

「さあ、教祖様……

彼に真の救いを

ここにいる彼こそ、あのファニアで最も『幸運』でありながら、最も『不運』だった魂

名は、『地獄明かりの悪竜』」 教祖と呼ばれたカナミは、少し不満そうに清掃員を睨んでから、ゆっくりと本を持っていない手を差し出す

 清掃員とカナミが、手を繋げて、その心を通わせていく