牙 狼 魔 戒 パチンコ

牙 狼 魔 戒 パチンコ

美しい氷色の多色持ちである白い髪はくしゃくしゃになり、片足はだらしなく床に落としている

「……そうだよね

あの子にとってのウィリアムは、頼りになるし好きだけど、面倒そうだから毎日はいらない相手ってかなりはっきりしてるからね」「…………ネイ?」「でもさ、距離を詰めるまではかなりのお気に入りだったんだよね?」「………まぁ、ダリルとの会話で、理想的な男性の例として挙げたくらいですからね」「それなのに、今はちょっと距離感微妙な父親みたいな扱いな訳だ

………ってことは、僕も冬毛になるまでは」「ネイ?」頭を抱えてぶつぶつと呟いていて、ヒルドが名前を呼ぶと、荒んだような目をした塩の魔物が視線を上げる

「………ネアがね、僕の夏毛は好きじゃないらしい」「確かに、少し毛並みがしっかりとしますからね」「ヒルドも?!」「おや、私は毛並みで好き嫌いの判断はしませんよ

その代わり、近頃エーダリア様の靴先を噛む生き物がいるようなのですが……」「ごめんなさい………」三足も上等な靴を駄目にしたノアベルトは、目に絶望を浮かべてヒルドを見た

ヒルドを怒らせると、ボール遊びの時間を短くされるとわかっているからだろう

謹慎期間中はリーエンベルク全域にその通達を出され、誰も長く遊んでくれなくなる

あなたも好きかも:摂津市 パチンコ 火事
前回、国宝級の絨毯を駄目にした時には、三日間の謹慎期間で、銀狐は背中に心因性の円形脱毛域を作ってしまったくらいだ

あなたも好きかも:一騎当千 パチンコ 保留
「では、新しい靴の購入をお願いします」「わかった!すぐに、最高の靴を注文する」「出来れば、ある程度の祝福や魔術的な効果を添付していただけると助かります」「いいよ

ヒルドって案外抜け目ないよね………」「おや、謹慎の方が良かったですか?」「ごめんなさい………」靴噛み犯がもう一度謝ったところで、ヒルドは話を戻した

「で、ウィリアム様を排除するのに、何か画策したのですか?」「まぁ、今回、僕はこっちの守りで忙しかったけど、シルに、竜よりはアルテアの方がマシだよねって助言は入れておいたかな」「奇遇ですね

ゼノーシュも同じことを言ったそうですよ」「え?ゼノーシュが?」「家族を亡くした光竜に、グラストが同情的だったようです

一般的に人間の武人は、竜というものに一定の憧憬がありますからね」「うん、二人から言われたらシルも決断しちゃうよね」「と言うよりも、今回はネア様の心に響かない竜種であったのが一番かと」「あの会話でわかったんだけど、あの子、竜に乗りたいんだろうね

光竜だって乗れると思うけど」「魔術飛翔について想像がつかないそうで、細長い紐に乗って潰したら虐待だと仰ってましたね

ただし、ブーツや守護がありますから、実際に乗っても竜の飛翔を妨げそうではありますが」「わーお、鞭使っておいて虐待を気にするんだ!……と言うか、竜に乗せるのは何だか嫌だね」「おや、同じ意見ですね」そこまで聞いてから、ゼノーシュはぱたりと扉を閉じた

扉を開けた瞬間から気配を断つ魔術を展開していたウィリアムが、小さく溜息を吐く