パチスロ s-1

パチスロ s-1

育て方や実りの制限などいろいろな手段を使い質のいい果実を作ることはできるだろう

問題はそれを行うための場とそれを行う人材の確保になる

ハルティーアはそのあたりのことを考えている

仕事に真面目というかなんというか

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット 転生の章 ゾーン
折角美味しい物を食べているのだからそれに集中していればいいのに、と思うところである

まあそういうところが彼女らしいというのか

「それにしても、巨木ねえ……」「魔物じゃない……かは知らないけど、ユミカ君と似たようなことをしていたんだって?」「ああ……あ、一応言っておくが、巨木の詳しいことに関しては誰にも言わないように」「それはわかっているわよ……わかってるわよね? この場にいる全員、私たちはもちろんだし、リーリェ達たちも、フーマルたちも

もし漏らしたら国際問題よ? 首飛ばすわよ? 物理的に」「それは怖いですね……」「別に漏らす相手もいないし気にする必要もないのでは?」「……そうね

まあ、言っておかなければいけないことだから

立場的にね」 巨木に関する話、今回の出来事とそれに連なる話はアンデールの関係者には話した

あなたも好きかも:スロット g1優駿倶楽部 新聞
ロムニルとリーリェの夫妻とかフーマルたちとか、もちろんペティエットなどの住人、王妃たちやその従者など

あなたも好きかも:パチンコ 花巻
まああまり関係者ではない相手、ただの護衛用の人員とかは知らない

一部の本当に信用できる口の堅い相手、食事時に一緒に部屋にいられる人員くらいである

 まあ、話したはいいがそのことに関しては外に漏らさないよう言明することは必須である

もし漏らせばマジで首が飛ぶ可能性がある

国家の重要事項秘匿事項、それこそアロルメッツにとっては国の存亡がかかり得る最重要情報、機密と言ってもいい

公也たちが知っている方がおかしいくらいである

まあ公也たちがいなければアロルメッツも知る機会はなかった

もともと公也たちがアロルメッツに与えた情報なのだから