パチンコ ゴッド プレミアム

パチンコ ゴッド プレミアム

 それは帰りの馬車での事だった

「でも、カガミも大変だよね

生徒会選挙だっけ? あれが終わるまで一人で何が起こるかわからない大学生活なんて」 馬車を引く茶釜に乗ったミズキの軽い一言

「え?」 カガミが言葉を失う

「大丈夫だよ

後、少しだ」 オレにはカガミを元気づけることしかできない

あなたも好きかも:タイバニ スロット パスワード
 馬車は微妙な空気で飛行島までたどり着いた

明日のことは明日かんがえればいい

あなたも好きかも:パチンコ新台噂 とある
 まぁ、カガミが頑張ることだ

 ところが、そうは問屋が卸さない

 何を思ったのか、馬車から降りて家に戻る途中、カガミがオレの腕を掴んだ

「リーダ……助けて

一人にしないで」 彼女は、オレに向かって泣きそうな声で言った