スロット お金入れ方

スロット お金入れ方

……綺麗」 消えそうなくらいの微かな声だが、ぽつりぽつりと告げられた言葉が耳に届き、立花はようやくホッとして笑みを溢した

「濃い色の石よりも、それくらいの色合いの方がおまえには似合いそうだったから

あなたも好きかも:延長営業 パチンコ 出る
……なんて名前の石だったっけ

ローズ……なんとか」「……ローズクォーツですね」 思い出せずに首を傾げているとすぐに答えを教えてもらい、「ああ、それそれ」と笑顔で数回頷いたが、「石言葉は……真実の愛」と、続いた静かな言葉に立花は笑顔を固まらせた

もちろん、そんなことは知らなかった

 照れ臭さと恥ずかしさが混じって動揺したが、誤魔化そうと「……ははっ」と笑い、彼女の手から箱や包み事奪った

「付けてやるよっ」 ソワソワとペンダントだけを指に引っ掛けて包みと箱を足下に置き、留め金を外して弥生の首にチェーンを回すと、まとめ上げた髪の毛から漏れる襟足を引っ張らないよう用心しながら留めた

 生憎鏡はないが、花火が上がる度に大窓のガラスに自分たちの姿が一瞬映り、短い間で確認は出来る

「どうだ?」 後ろに立ったまま笑顔で問うと、弥生は俯いて首の下にあるペンダントトップにゆっくりと触れた

あなたも好きかも:パチンコ新台 新牙狼
――そしてまた固まってしまった

 ピクリとも微動だにしない弥生に、立花は後ろから「ん?」と首を傾げ、花火が上がった瞬間、ガラスに映った姿に目を向けて表情を消した

 ペンダントトップを見下ろしているんだと思っていたが、そうじゃない

「……武田?」 微かに聞こえる鼻をすする音に戸惑いつつ、後ろから首を傾げて名を呼ぶが、弥生は俯いたまま顔を上げない

 「どうしたらいいんだ?」と悩み考えたが、弱気な頭に対して体は強気だったりする

「……何泣いてンだよ」 呆れた口調で腹の下に腕を回し後ろからそっと抱き寄せると、微かな震えが伝ってくる