デビットカード パチンコ

デビットカード パチンコ

「そもそも貴方が『私はハイエルフですから』とか言って、子供どころか結婚すらしてこなかったでしょうに

私だって貴方にはお祝い位しましたよ?」 全然させてくれなかったけれど、とユッタが続けると、シオマラは「ウッ」と詰まったような顔になった

 二人のそのやり取りを見て、考助たちは口元を押さえて吹き出すのをこらえるのであった

セウリの森の里での歓迎です

これでコレットとの関係も改善している・・・・・・というより別の方向に吹っ切れている感じですw

「そろそろ本題に入って頂きたいのですが、いいでしょうか?」 放っておくといつまでも脱線したままになりそうなので、考助がユッタにそう申し出た

 言われたユッタも「そうですね」と頷いてから話始める

あなたも好きかも:パチンコ 午前中
「考助様の権能の一部は魔法陣だとお伺いしましたが、間違いないでしょうか?」「? 神の権能となるかどうかはともかくとして、得意分野だという自覚はあります、かな?」 唐突なユッタの質問に、考助は首を傾げながら答えた

 その考助の隣では、コレットとシュレインが額に手を当てている

あなたも好きかも:スロット 連チャン
 魔法陣を使ってあれだけの事が出来ているのに神の権能でなければ何なのだ、と考えているのだ

 口には出さなかったが

あなたも好きかも:ブラックジャック タバコ 吸い方
 二人の様子を見て微笑んだユッタは、ただ単に頷いて続けた

「その考助様にお願いがございます」「お願い?」 世界樹からお願いされるようなことなど何かあったか、と考助は首をひねったが特に思い当たることは無かった

 話の流れから魔法陣が関係していると思われるが、何か長年この世界に存在し続けて来たユッタの助けになることがあるとは思えなかったのだ

 だが、そんな考助に対して、ユッタは一つ頷く

現在この森は私が創った結界によって守られています」「そうですね」 今回は転移門で来たが、以前にこの森を訪ねてきたときは外から街道を通って来たのだ

 その際に結界を目の当たりにしているので、そのことは考助もよくわかっている

 むしろ考助には、なぜ今その話をユッタがしだしたのかが分からなかった