北斗の拳 スロット 拳王乱舞 歌

北斗の拳 スロット 拳王乱舞 歌

全て折れたら、わたしのチェックを受けることなどの注意事項をルッツが述べた後、紙を折る作業が始まった

「端をもっと丁寧に揃えてくださいね

最初にこことここを押さえて、それから、こうやって……」 わたしはゆっくりと各テーブルを見回りながら、折り方を教えていく

紙が高価で身近に存在しなかったこの街では、当然のことながら、折り紙をしたことがない

そのため、成人の灰色神官でもあまり綺麗に端が揃っていない

あなたも好きかも:横浜モアーズ パチンコ
不器用な外国人が初めて折り紙をしたような有様になっている

 ……おぉぅ

せっかくの本が! ページが斜めになっちゃうよ!? 直視せざるを得ない現実に頭を抱えながら、わたしは自分の席に戻って、ルッツにこっそりと囁きかける

あなたも好きかも:大阪ホール パチスロ
「ルッツ、これ、わたしが折ったらダメなんだよね?」「今は我慢して見てろ」「うぐぅ……」 失敗作の紙で折り紙の練習をさせておくべきだった

 どんな仕上がりになるのか、わたしがハラハラしながら待っている中、何となく半分で折られたページが積み重なっていく

チェックして、あまりにひどい物はやり直しとして突き返していく

あなたも好きかも:葛西 パチンコ マックス
このまま本になるなんてとんでもない

 全てのページが折れたら、次は扉と奥付を加えて、テーブルに順番に並べていく

それを順番に取っていけば、本のページが並んでいるはずだ

 学生時代に遠足のしおりを作らされた時に行った作業である

わたしにとっては別に珍しい作業でも何でもない

実際に作業する他の人は初体験だけれど

「では、このように奥付のページを取ったら、横にずれて次のページの山から一枚取って、そのまま重ねて、また横に寄って……と繰り返します

決してページをひっくり返したり、重なったまま二枚取ったりしないように気を付けてくださいね」 そう言いながら、わたしは手早くページを取っていく