魔法少女 まどかマギカ スロット

魔法少女 まどかマギカ スロット

あれは実際にやってみて初めて分かるものだ」文とアリスの物言いに康太は首をかしげてしまっていた

自分は何かおかしなことを言ったのだろうかと少しだけ場違いのような感じがしてしまう

「康太、あんたも方陣術の技術を結構身に着けてきたからわかると思うけど、魔導書の技術は基本的に方陣術の技術を応用してるのよ」「それはわかる

だから一般人にも見えないようにしてるんだろ?そうしないと意味がないからって」物に術式を刻み込む

これは方陣術の基本だ

そこに魔力を流し込むことで魔術を発動できるのが方陣術であり、その技術を使って他者に魔術の術式を伝えることができるのが魔導書である

あなたも好きかも:jsi パチスロ
つまり魔導書とは方陣術の塊といってもいいのだ

「で、ここで問題なんだけど、普通に使う方陣術と誰かに教える方陣術だといろいろと勝手が違ってくるのよ」「違ってくるってのは・・・具体的には?」「そうね・・・方陣術はぶっちゃけ自分が使えれば問題ないって感じでしょ?でも魔導書は相手に伝えることを考えなきゃいけない

あなたも好きかも:パチスロ ビギナーズラック
この違いはないようでかなり大きいのよ」「要するに、自分だけが理解できるメモ書きと、他者に理解させるために作った教科書のようなものだ

同じ文章でもあらかじめの知識などがない分書き記す量もその伝達方法もかなり違ってくる」アリスのたとえに康太は納得していた

康太も自分で書いたノートなどでは自分だけにわかるような、自分にはわかりやすいような表記などをする場合が多い

だがそれを他人に伝えるとなるとかなり難しい

あなたも好きかも:パチンコ 店長 質問ある
事前の知識も何もない状態で一からものを教えるということだ

普通に使うだけなら自分に使いやすい形で自分なりにアレンジするが、魔術を教えるとなるとそういったアレンジなどは一切なく『原形』を記述しなければいけない

この違いは大きい

特にただの方陣術でさえ苦労している康太にとっては手が出せないように思えた

「じゃあ師匠とかが割と簡単にやってる術式の伝達とか、術式を書いた紙とかって結構高等技術なんだな」「そうよ?少なくとも一朝一夕で身につくような技術ではないわね

ていうかそうか、そういうことも基本的に教わってないのね・・・」「俺が師匠から教わってるのは破壊に関係することばっかりだぞ