オンラインゲーム 子供 暴言

オンラインゲーム 子供 暴言

 裏目的は、但馬が帰魂石をナーニャちゃんに使った場合に あっちの身体に、その人格をそのままいれるつもりだったの

 だからバックアッププランね」長々と説明してくるが、まだよく分からない

「いや、まだよくわからんのだけど……

 つまり、本来は居ないはずの人物だよな?」言っていることが複雑すぎである

あなたも好きかも:スロット 鬼武者 5号機
「まあ、魂の無い、仮想的な人格だから そう言うことになるわね

マガノと今コンタクトとって、交渉中だけど あいつは渋ってるわ

あなたも好きかも:テラフォ スロット 天井
危ない前例を作りたくないって」「よくわからんけど、危ないのか?」「あくまで、仮想精神世界の付属物的人格で 生物がもつ魂による人格じゃないから、精神が安定しないかもしれないのよ」「美射先生!!ハルを!!ハルを起こしてよ!!」ナーニャはこちらに駆け寄って涙目で必死に俺たちに頼んでくる

親としては見ていられない

あなたも好きかも:ジャンジャンバリバリ パチンコメン
「……なあ、美射、娘の願いをかなえてやってくれよ」「……そんなに言われたら、仕方ないなぁ」美射は一瞬、ニヤッと笑ってそして立ち上がった

夜明けになりそうな薄暗い時間の中いつものように照明に煌々と照らされている通路を四人で進みエレベーターに乗り込む

美射はどこかウキウキした顔である

シズカ姫はエレベーターの脇に立って美射とはあからさまに距離を取っている

気持ちはよく分かるなと、そわそわと落ち着かないナーニャの横に寄り添う

「その子がナーニャちゃん?」「ああ、説明が遅れたな

俺のための帰魂石を もってきてくれたモルシュタインに無理言って、娘に使ったんだ」サラッと言った俺にシズカ姫は目を丸くして「タカユキ兄……やっぱり凄い……そっか……だから王者なのか……」驚いている

俺は首を傾げながらそうかな

子供に必要なものを与えたいと思うのは、親として当然じゃないだろうか

「うふふふふ……但馬が言うんじゃあ……しょうがないなぁ……くくく」美射は床を見ながらブツブツ言いながら、怪しい含み笑いをずっと漏らしている