友達と オンラインゲーム

友達と オンラインゲーム

あんな勢いだけのは駄目です

駄目駄目です」「そうか? 私はああいった告白は嫌いじゃないぞ? 後ろで聞いてただけなのに、少しドキドキしてしまったくらいだ」 あれで? 本当にキリストと気が合う人だ

もう二人で付き合えよってレベルだ

 心の底から悪趣味な二人だなあと思っていると、セラさんは咳払いしてから本題に入っていく

「と、とにかくだっ

あれはタイミングが悪すぎたな

あなたも好きかも:ロードオブヴァーミリオン re スロット 7揃い
そのおかげで、色々と話がこじれてしまった

あなたも好きかも:パチンコ 回る店
とりあえず、もう一度昨夜の話を確認しようか

ここならば、遠慮はいらんからな」「確か――いま、ラスティアラの中には、かの聖人ティアラ様が眠ってらっしゃるんでしたっけ? だから、キリストに告白されたときの返答は、二人分だったという認識で間違っていませんか?」「……概ね、それで間違いないな」 そういうことだ

 その話をキリストが酔っているうちに聞いた僕は、こうしてセラさんと行動を共にすることになったのだ

「ああもう、本当に面倒ですね

つまり、僕たちのいない一年で、例の再誕の儀式をやっちゃったってことですか?」「いや、そうではないのだ

あなたも好きかも:パチンコ コロナ
一年前、フーズヤーズへ帰ってきたお嬢様と私は、『ティアラ様の血』を探したのは確かだ

だが、帰ってきた時点でもう『ティアラ様の血』はどこにも存在していなかったのだ

恐ろしいことに、あのパリンクロン・レガシィのやつが先んじてばら撒いてしまっていたのでな……」「ばら撒いた……? パリンクロンが……?」「うむ

この一年、何をしようとしてもあいつが先んじていたのには腹が立ったものだ

死しても、あいつの残したものが私たちを邪魔するだろう