エウレカセブン スロット アネモネ

エウレカセブン スロット アネモネ

「ん?」「これは……?」「地図のようにも見えますが……いったい」「見ての通り、地図だ」 レムの発言を受けて、マユリ神は少し満足したようにいった

いわれてみれば、そのように見えなくもない

しかし、実体のあるものではなく、虚空に浮かぶ幻像――映像のようであり、その長方体に近づいたミリュウが無造作に伸ばした腕は何事もなく貫通した

だが、それで映像に乱れが生じることはなく、ミリュウが腕を戻すと瞬時に元に戻った

今度はエリナがミリュウの真似をするが、やはり問題はない

「見ての通りって」「ただの地図じゃないです!」「そりゃあ、見りゃわかるだろ」「むー」 ミリュウがなにやら不服そうに頬を膨らませてくるが、セツナはとりあわなかった

あなたも好きかも:パチンコ 継続とは
「おまえたちが出かけている間、少々暇だったのでな

この船の中になにか面白いものはないかと、色々と調べていたのだよ

方舟は、神軍とやらが技術の粋を結集して作り上げた代物

あなたも好きかも:パチンコ 21 世紀 データ
神軍は、おまえたちの敵だ

あなたも好きかも:新潟 三条 スロット
敵の弱みのひとつでも見つけられれば、それに越したことはあるまい?」「確かにね

さすがはマユリん」 ミリュウが感心すると、マユリ神は子供のように喜んだ

ミリュウたちとマユリ神の日々の交流については、セツナは詳しいことまでは知らない

しかし、彼女たちの馴れ馴れしさを見る限り、かなり仲が良くなっているということは伺い知ることができる

マユリ神は敵ではないのだから、いくらでも仲良くなってもらって構わないし、むしろそのほうが好都合ではあった

「それで、出てきたのがこれってわけか」「うむ

これが、この世の現状よ」「この世の……」「現状……」 マユリ神の言葉を反芻したセツナたちは、ひとまず、虚空に浮かぶ地図を凝視した

 地図の大半は青く塗り潰されているのだが、それがつまりはこの世界を分かつ大海原だろうことは明白だった