ガール フレンド 仮 スロット 天国

ガール フレンド 仮 スロット 天国

「すまないな

少しやりすぎた」こちらからは何も言っていないのに素直に頭を下げてくれたフェイさんはなんとなくですがとても良い人なのかもしれないと思えます

実際のところは分かりませんが、頭を下げ続けるフェイさんに翔子先輩が笑って話し掛けていました

まあ、真哉にはこれぐらいで丁度良いんじゃない?そんなに謝らなくても、私達は気にしてないから別にいいわよ~」フェイさんに微笑んでから北条先輩の頭をぺしぺしと叩く翔子先輩の様子を見て、沙織先輩が激しくため息を吐いています

あなたも好きかも:スロット 箱
「はぁ…

ねえ、翔子

仮にも怪我人なんだから、その扱いはどうかと思うわよ?」「え?でも、怪我なら治ってるでしょ?」「それは、まあ…」「だったら大丈夫よ

って言うか、目覚まし代わり?」遠慮無く北条先輩の頭をぺしぺしと叩き続ける翔子先輩は手を止めるつもりがないようですね

そのおかげかどうかは分かりませんが、北条先輩は意識を取り戻してゆっくりと目を開けました

「んあ…?って、痛てっ…」「あれ?起きたの?」全く悪びれた様子の無い翔子先輩は叩くのを止めましたが、代わりに北条先輩を言葉で責めるようです

あなたも好きかも:スロット 設定 狙い
「結局、負けたわね~」「うっせぇー」翔子先輩にからかわれたことで若干不貞腐れた雰囲気の北条先輩ですが、御堂先輩から離れた北条先輩はもう一度フェイさんに歩み寄りました

「次は負けねえからな!」「ははっ」何度でも強がる北条先輩を見たフェイさんは、楽しそうに微笑んでいます

あなたも好きかも:清武 パチンコ mgm
「いつでも受けてたとう」北条先輩の無事が確認できたことでフェイさんは私達に背中を向けて離れて行きました