d500 スロット

d500 スロット

 しかしただの同性という可能性もあるが、ライとフォンセは衝撃的な名字を聞いてそこまで思考が回らなかった

「「……」」「……! それって……」「……?」 アステリと名乗った者はキョトンとした表情で驚愕のあまり絶句しているライ、フォンセと何かに気付いたリヤンを見やる

 ライ、フォンセ、リヤンの三人は、もしかしたらもしかするかもしれない者に出会った

「……ちらほら他の魔族もその姿を見せてきたな……

やはりこの街の者でもずっと籠っているのは無理そうなのか……」 道行く魔族達を眺めるエマは、ライたちのように話し掛けないようにしていた

あなたも好きかも:ネット カジノ おすすめ
 何故ならこのパーティは人間のレイ、ヴァンパイアのエマ

そして"レイル・マディーナ"幹部の側近キュリテ

という、魔族の国に住むものなら誰しも異質と感じるパーティだからである

 つまり知り合いでも無い限り警戒されてしまうという事だ

あなたも好きかも:スロット 死に たい
「……で、何処に行くのー? レイちゃんにエマお姉さまぁ?」 魔族達を眺めるエマとレイに話し掛けるのはキュリテ

あなたも好きかも:鉄拳 パチンコ 金木人
 取り敢えず街を見て回ると決めたのだが、その目的も決めずに彷徨《うろつ》いている為、キュリテは気にしたのだろう

「うーん……じゃあ、やっぱりお店に入るのが良いのかなぁ? 流石に店員は話し掛けても大丈夫そうだし……」 そんなキュリテの疑問に返したのは意外にもレイだった

 レイの考えはこうだ

そこに勤める店員ならば、道を歩いている一般魔族のように警戒せず話せる

という事だろう

 レイはそう思ったような表情で提案した

「ああ、確かにそれが良さそうだ