北斗の拳 強敵 パチンコ

北斗の拳 強敵 パチンコ

 そう、そこには――――――――帝都の支配者がいるのだから

 展望台に用意された椅子に腰を下ろし、ティーカップに注がれた真っ赤な液体を見下ろしていた少女にも見える金髪の女性は、真っ白なドレスにも似た服に身を包みながら不快そうに帝都を見下ろしていた

ティーカップの中に注がれた鮮血の味が気に食わないというわけではない

今日中に明日の得物の報告へとやってくる同胞の1人が、いつまで経っても帰ってこないからである

「……………アレクセイはまだ帰ってこないのかしら?」「申し訳ありません、アリア様

部下たちに探させていますが……………」「そう」 彼女の名は、『アリア・カーミラ・クロフォード』

かつてこの帝都でモリガンの傭兵たちと激戦を繰り広げたレリエル・クロフォードの眷属だった少女であり、レリエルの後継者となった吸血鬼の女性である

あなたも好きかも:確率の高いギャンブル
 彼女の目的はレリエルを殺した忌々しいハヤカワ家のキメラたちを根絶やしにし、メサイアの天秤を使ってレリエル・クロフォードを復活させること

そのために鍵を1つだけ手中に収め、残る2つの鍵を手にする彼らがここへと攻め込んでくる日を待っているのだ

 そしてこの帝都で、復讐を遂げる

 ティーカップの中に入っていた血を飲み干していると、展望台へともう1人の同胞が入ってきたのが分かった

あなたも好きかも:パチンコ 駅前 なぜ
正確に言うならば、その入ってきた人物は同胞というよりも、〝肉親”と言うべきだろうか

「―――――――母上、私が探しに行きましょう」「あら、ブラド」 後ろからやってきたのは、アリアにとって最愛の肉親であった