ブラックジャック おこがましいとは

ブラックジャック おこがましいとは

「どうした、シーラ」 セツナの声が少し遠い

彼は、迎賓室の扉の内側にあり、室外の様子を窺っていた

もし迎賓室の異変に気づいた警備兵が近寄ってくれば、闇人形で迎え撃たなければならないからだ

「違う……」「え?」「陛下じゃない」 シーラは、手元の懐中時計を見た

時刻は午後一時三十分

 処刑開始まで三十分

あなたも好きかも:パチンコ 換金率 見方
「む? そなたはなにをいっておるのだ

わたしこそ、アバード国王リセルグ・レイ=アバードなるぞ」「よく似ている

さすがは陛下の影といったところか」 シーラは、リセルグ・レイ=アバードを名乗る男を評価するとともに、冷ややかな視線を投げた

またしても、リセルグはシーラの声に特別な反応を示さなかった

あなたも好きかも:ロータス スロットカー
リセルグは、凡人だ

第一王子として生まれたために王位を継承し、王座についただけの人物だ

あなたも好きかも:テーブルゲーム機 花札
そのことは、リセルグ自身が一番良くわかっており、だからこそ、臣下の声に耳を傾けることに注力した

臣下の意見をよく聞き入れ、よく取り入れた

アバードにとってなにが必要でなにが不要なのか、そういった判断も臣下任せではあったが、有能な人材に囲まれていることもあって、失敗は少ない方だった

そういう意味では、名君といっていいのかもしれない