カクテル カジノ

カクテル カジノ

……ありがとう

ホントに

……ありがとう」 ペコペコとお辞儀を繰り返す頭から、ポツポツと涙が膝の上に零れ落ちる

 優樹は項垂れ息を震わせ、膝の上の両手をグッと拳にして肩を強張らせると「……へへ」と笑った

あなたも好きかも:ノーゲームノーライフ スロット ピエロ
「……誰かのために、その元気、あげてね

……その人も、きっと、辛いときに救われるから……」 声はなんとか陽気さを保とうとしているが、泣いているのは明らかだ

 長い髪の毛が垂れて表情が窺えない彼女に、相川は悲しげに顔を歪めて戸惑いを露わにした

「な、なに言ってるンスか? な、なんでそんなこと」 何が起こっているのかよくわからず、相川は混乱気味に目を泳がせて俯き、答えを求めようと顔を上げて口を開き掛けたが、その瞬間、“体当たり”されてドンッと壁に背中を当ててしまった

 首に巻き付く優樹の両腕と、顔の左頬に当たる肌と柔らかい髪の毛

あなたも好きかも:加賀 パチンコ ジャンボ
上半身に掛かる体重が、「重い」と感じるよりも先に「人だ」と感じた

「……ありがとう、相川君」 左耳に近いところから、鼻をすする音と、吐息を漏らす音と共に穏やかな声が聞こえた

「……さよなら」 静かに告げられたその一言に硬直していた相川は大きく目を見開き、スッと離れ立ち上がった優樹を見上げて焦り身を乗り出した

「待って先輩!!」 フイッと顔を背けてどこかに行こうとした優樹の手を咄嗟に左手で掴み取ったが、その瞬間、振り返った優樹は腰を屈めて右手をパシッ! と容赦なく叩いた

平手打ちほどの威力はないが、今の怪我には微風すら凶器だ

ズキンッ!! と心臓にも響くほどの痛みが右手に走り、相川は「ってえぇぇ!!」と叫んで反射的に優樹の手を離し、右手首を握り締めて背中を丸めてしまった