小岩 パチスロ 優良店

小岩 パチスロ 優良店

あなたも好きかも:ジェロニモン スロット
 部屋の中央にあるテーブルでは神殿長と神官長が待っているのが見える

そして、テーブルの奥のスペースには灰色の神官が4人、並んで立っていた

あなたも好きかも:パチンコ フルーツ柄 外れ
 昨日は孤児だと知らなかったけれど、それを知って改めて見ても、孤児にしては実に身綺麗にしている気がする

もしかしたら、それほど待遇は悪くないのだろうか

あなたも好きかも:お天気スタジオ パチンコ 歌
それとも、貴族の側仕えをする人は身綺麗にされているのだろうか

「おはようございます、神殿長」「あぁ、マイン」 神殿長は見覚えのある好々爺の顔でわたしを迎え出てくれる

しかし、その後、わたしの両親の姿を見て、目を見張った

信じられないというように目を見開き、ふるふると拳が震えている

「こちらが……マインのご両親で間違いないのかな?」「はい、間違いないです」「一体どんな職業を?」「兵士の父と染色の工房で働く母です」 わたしが質問に答えると、じろじろと不躾な視線で両親を見た後、神殿長は馬鹿にしたように鼻でフンと笑った

何も言わなくても、それだけで「貧乏人が」と見下しているのがすぐにわかる

 手の平を返したような豹変ぶりに唖然として、わたしは目を瞬いた

 いきなり他人を蔑むような目つきになった神殿長の姿に、先程までの好々爺の面影は欠片もない

身分の差というものを目の当たりにし、それと同時に、今まで好待遇を受けていた原因であるお金の威力というものを思い知った

「では、早いところ、話をすませてしまおう」 挨拶も何もなく、テーブルに着くことも許されず、わたし達は立ったまま、神殿長の話を聞くことになった

これがもしかしたら、普通なのかもしれないが、今まで親切だった神殿長を知っているだけに、思わず眉を寄せてしまう