織田信奈 パチンコ 甘

織田信奈 パチンコ 甘

あなたも好きかも:パチスロ マジハロ5
ネェツアークは己を嘲笑う翁を見て、少しだけ不貞不貞しい態度を解く

「意外だなぁ

あなたも好きかも:パチンコ 家庭用
翁さんなら"友愛などくだらない"ぐらい、言いそうな気がしたけれど」 「フフッ、吝嗇の賢者殿

ワシ等のような存在にも、"想う相手"はおるのよ

もし想う相手に危害を与えよう者がいるなら、例え自分の存在を塵に返してでも害する者を滅する

そう想う相手を、消すような攻撃は出来ないのは、力を借りた上でも当たり前の事だ

余計な言葉かもしれんが、この綺麗な友人を大事にしてあげてはどうかな?」「―――デッカいお世話だ」ネェツアークは悪態をついたが、朗々と語る翁の存在の定義は"人間の敵"であるはずなのに、相手を想う気持ちは、ある意味、下手な人間よりも純粋に透き通っていると認めざるえなかった

「だが、その点をついて言えば、吝嗇の賢者殿

あなたも好きかも:コードギアス スロット cc出現
そなたの力は本当に、ネェツアーク・サクスフォーンに対し、"攻撃"しやすかったぞ」そして、今度は明らかに翁はネェツアークを嘲笑った

「まるで自分では死ねないが、死ねるチャンスを待っているみたいだったぞ

例え今自分が消えても、周りが仕方ないと考えて納得してくれる、そんな出来事を心の隅で望んでいる」だがネェツアークはそれを笑って受け入れた

全て正解だったから

「アッハッハッハッ、翁殿

私は腹は黒くはないけど、心に"闇"ぐらいあるんだなぁ」"仕方なしに死ねたらいい"そんな気持ちを抱いていることに、全く後ろめたさも、罪の意識も抱いていない

"生きる"ということに余りに不貞不貞しい、そんな態度

ネェツアークの顔は土砂降りの雨の中、底抜けに明るい笑顔だった

その時自然の雷鳴が轟き、翁もカッカッカッカッと口を大きく開いて笑った

「―――何たる"傲慢"