鹿児島 パチンコ 換金 率

鹿児島 パチンコ 換金 率

そんなだから、オレたち男子は女子に馬鹿にされるんスよ」 日頃から何かあるのか、不満を露わにする彼に優樹は苦笑して背中を伸ばした

あなたも好きかも:スロット リール 電球
「それはそうだけど

でも、相川君も、いつも優しいと思うよ?」 軽く首を斜めに傾けて微笑む優樹に、相川はクルッと真顔を向けた

「それは優樹先輩にだけで他の女子には優しくなんかしないッスよ」 優樹はキョトンとした

――それはどう反応したらいいものか

 少し目を逸らしてソワソワしながらも、「そ、それじゃあ」と早速ぎこちない笑みで切り出す

「ごめんね、……相川君も、捕まらないように逃げてね」「来るなら来い、ってヤツです」 そう胸を張る相川に苦笑しつつ、優樹は「え、と……」と、プールの縁に立って水に背を向ける彼と向かい合い、両手を挙げてそっと胸に手を当てた

「先輩も、捕まらないようにしてください」 唐突なセリフに、優樹は「え?」と少し目を見開き見上げた

あなたも好きかも:カジノ アマテラス
「過去に

捕まらないように

振り切ってください」 ふざけた気配もなくじっと見下ろされてもなんのことを言われているのかわからず、優樹は間を置いて少し首を傾げたが、ふと、何気に気が付いた

――とても距離が近い、と

あなたも好きかも:狭山市 スロット イベント
 意識してしまったら、もう最後

胸に置いている手が、汗で湿った制服の上からでも暑いくらいのぬくもりを感じだす

 優樹は次第に頬を赤らめ、咄嗟にパッと手を離してしまった

そんな彼女に相川もキョトンとし、そっと視線を逸らす