ラッキーベガス パチスロ

ラッキーベガス パチスロ

そして自分が辛い戒めを背負う覚悟をしてまで、愛する人達の希望を叶えてやろうなんて、思いもしない

一瞬で終わる望まれた死を与えた後に、自分は死ぬまで降ろすことの出来ない罪の重さと、穢れを引き受けるなんて、潔癖な奴が聞いたら、狂気の沙汰に近い

人として生きる時間の中で、多くの時間も費やしたが、中々困難な″謎″とも向き合って、消えてしまった人々の痕跡も見つけ、今″弔った″に等しい

あなたも好きかも:南行徳 パチンコ 優良店
そんな、″普通″の人はそうそういないだろうさ』血縁すら、居ない者との存在を否定されていた禁術の扉の鍵となった人の存在を、再び現実に引き上げた

あなたも好きかも:魔法 少女 まどか スロット
『そのついでに、そろそろ自分の幸せとも向き合っても良いんじゃないか?』尚も、自分を誉め、更に揺らがせる賢者の言葉に、ジュリアンは胸が軽くドクンと疼くように痛む

あなたも好きかも:バカラ 最高級
《―――それでは俺の人生から戒めと、罰がなくなってしまいます》少年が気を失っているので、遠慮なく自虐的で後ろ暗く思っていることを傭兵は口にする

いくら大人びていて賢そうな少年だとしても、ネガティブな大人を見せる事を優しい男は控えていた

『勘違いするな

戒めや罰から解放されろとまでは、言ってはいない

それに、お前は罪の意識があるからこそ、他人に命を奪われても諦められるが、自分で自分の命を断つことを防いだ事も、わかっているつもりだ

死んでしまえば、それまで

その肉体に刻まれた、記憶の呪縛に苛むことも無くなるのだからな』すっかり喪服の黒と夕闇の影に溶け込んだ、賢者も″大人″の弟子に遠慮なく苛烈な言葉を吐く

ただこの言葉を吐かれたとき、賢者はジュリアンに言うのに託(かこ)つけて、自分を戒め直しているような気がしてならなかった

―――それを言うなら、貴方にも当てはまるのではないのですか、賢者殿

喉元迄でかかった言葉を何とか、抑え込む

逃げている、自分は逃げているだけなんだと言いながら、一番確実に逃げきれる″死ぬ″という方法を、賢者も決して取ろうとはしていない

″死″を畏怖するものではないともわかっているから、賢者は自分に死を与えても罪にも罰にもならない事がわかっているから、その手段を取らない