物語シリーズ スロット 設定6

物語シリーズ スロット 設定6

お金について教えてもらっていいですか?」「ぁん?」 ベンノは意味がわからないとばかりに、眉を寄せる

マルクも同じように首を傾げている

あなたも好きかも:東大阪 スロット ガリバー
「えーと、わたし、今までお金に触ったことがなくて……数字は読めるんですけど、数字とお金がいまいち結びついていないんです

……例えば、5640リオンで、一体どの硬貨をどれだけ払えばいいのか、わからないんです」「はぁ!?」 ベンノだけでなく、マルクもルッツも、素っ頓狂な声を上げた

「金、触ったことがないって……まぁ、商人でもない、その年の子供なら、それほど珍しくもないのか? いや、珍しいだろ?」「……そうか

マインはおつかいにも行ったことがないんだ

ぶっ倒れるから」「あぁ……」 ルッツの言葉に、みんなの口から納得の溜息が漏れてきた

「門で計算はしても、商人と実際にお金のやり取りをするところは見たことがないし、マルクさんと発注に行った時も、発注書を出すだけで実際にお金のやり取りはしなかったし、母さんと一緒に市場に行った時に小さい硬貨を払っているのは見たけど、それが何かは知らないんです」 わたしの言葉に布袋を持ったマルクがベンノの前に進み出て、ジャラリとマルクが机の上に硬貨を広げた

「では、まずは、お金の種類をお教えしましょう」 銅のような茶色の硬貨が3種類と大小の銀貨と金貨があった

 ルッツがゴクリと喉を鳴らして、机の上の金貨に見入っているのがわかる

あなたも好きかも:パチンコ 人生の無駄
「この小銅貨1枚が10リオン

穴が開いている中銅貨が100リオン、大銅貨が1000リオン、小銀貨が10000リオン

あなたも好きかも:パチンコ アリアaa 甘 継続率
その後、大銀貨、小金貨、大金貨と続きます」 10枚で大きいのと交換と覚えればいいので、とても気が楽だ

 ほぅほぅと納得しながら聞いているわたしの隣で、ルッツが小さく唸り声を上げる

どうやら桁が大きくなると完全にわからなくなったようだ

 冬に頑張って勉強しようね