バカラ タンブラー 人気

バカラ タンブラー 人気

どれほどの高温がこの場に発生したのか、それを考えるだけで眉根が寄り、近づけば熱を感じるかのような錯覚すら、その光景には迫力があった

「結界がある、近づくなイザミ」「――うん

あなたも好きかも:パチンコ タイタニック アプリ
気付いてなかったけど、ごめん、これはちょっと、生理的に近づけない」 ここは立ち入り禁止だぜと、そんな声が横から投げられる

思わず刀に手を伸ばそうとしたイザミを、コウノが制し、驚かすなと、その少女に向かって言う

「刹那小夜、お前もきていたのか」「おー」 契約の主は、煙草を吸いながら、目を細めるようにして燃えた街を見ていた

「ベルはここ、なにか知ってるの?」「まあな

あなたも好きかも:メダロット7 カジノ
契約を見届けにって理由を使って、数千年ぶりの同窓会だ

つっても、オレが逢いたいのは、サギだ

そのついでに、ちっとは昔を懐かしもうと思って、ここへ来たんだが、そりゃ縁も合うよなー」「……刹那小夜、一つ問う」「べつに一つじゃなくたっていいぜ

この場なら、制限はそれほどねーからな」「この中は、未だに、燃え続けているのか?」「直感か? それとも、理解できるのか?」「いや……本当になんとなく、そう思えただけだ」「はは――正解だ

ここは未だに燃え続けてる

種火こそもう小さくなっちまってるが、立ち入れる人間がいたのなら、迷わず焼き尽くすだけの〝意志〟がここにはある

――楠木、聞きたいか?」「ちょっと怖いけど、うん、せっかくだから」「ここはな、初代五神が死んだ場所だ」「……初代?」「朝霧」「俺の知っている限りでは――ただ、継承の際に死んだとしか」「そうか