わたがし パチンコ 商材

わたがし パチンコ 商材

「じゃあ、もしオレが催眠術に掛からなかったら?」「その時はオレの力不足だから

オレの負けってこと」 男子は諦めて肩をすくめると、鼻から息を吐き出し気を改め、真顔でじっと見返す反町に不敵な笑みを見せた

「催眠術に掛かるか掛からないか

キミの心が強いか、それともオレの暗示が強いか

――勝負しようじゃないか」「けど実際ね、……どうして大介君と連絡しないの?」「じゃあ先輩、どうして大介先輩は連絡してこないんでしょうか?」「それは……わからないけど……頑固で女々しいから?」「待っているなら、行動すればいいと思いませんか?」「……そう思う」「でしょ?」 注文のスイーツが運ばれ、しばらくはその味で談笑していたが、話しが戻って鈴菜はため息を吐いた

「私は怒ってもいませんし……別に何も思っていませんよ

私が怒ってるって思うのは、大介先輩の気持ちの問題です

あなたも好きかも:涼宮 スロット
疚《やま》しいことをしたとか、怒らせるようなことをした、って、何かしらの自覚があってそう思い込んでいるのなら、それは自分で追い払ってください、としか私は言いようがありません」 どこか怒りを滲ませパクパクと食べる鈴菜に、優樹はフォークを口に挟んだ状態で固まり、「……うーん」と戸惑い悩んだ

あなたも好きかも:ジール パチンコ
 ……絶対、何か怒ってると思うんだけどなぁ

あなたも好きかも:パチンコ 打たない 座る
……よほど旅行のお見送りして欲しかったのかなぁ

 問い掛けたいが、何度も同じことを問うとそのうちとばっちりを受けそうで言葉が出ない

 優樹は口からフォークを引き抜くと、それでジュースの中の氷を突いた

「ン……鈴菜ちゃんは大介君のこと、好き……なんだよね?」 改まって訊くことではないと思いながらも不安げにそっと問う、その心境は、やはり、大介への気持ちに冷めたものを感じるからだ

どうしてもはっきりと答えを聞きたい

 しかし、鈴菜はスイーツを食べていた手を止めてチラッと向かい側の優樹に目を向け、ゆっくりと視線を落としてしまった

 ――今までとは違って、なんだか寂しそう

 まるで恋愛に破れた人を目の前にしているような息苦しさに襲われ、優樹はためらい、「え? ……え?」とぎこちない笑みで軽く身を乗り出した