バカラ オールドファッション

バカラ オールドファッション

 とくに群像劇にありがちですが、主人公がひとりの一人称視点の小説でも陥りやすいミスです

「いつになったら主人公が活躍するんだよ」と読み手はイライラしてきます

 物語の世界観を読み手に伝えること自体はたいせつです

しかし「書き出し」から書き連ねてはなりません

あなたも好きかも:ディーラー カジノ 服装
 まず主人公が出来事(イベント)に放り込まれてそれに対処するさまを書き、その行動によって世界が広がります

広がった世界を都度説明していくようにすれば、読み手をイライラさせません

あなたも好きかも:花の慶次 パチンコ 保留連
「書き出し」から設定を絨毯(じゅうたん)爆撃しては、読み手から呆れられて当然です

 そもそも主人公が見聞きしていない設定をあれこれ書くのは、読み手としては興醒めもよいところ

「主人公には知らされていない情報を、読み手にだけは知らせる」『秘密』というテクニックがあります

「秘密」は物語を盛り上げる手段として有効に働きますが、「書き出し」の段階で「秘密」を書いたとしても、読み手にはなんの効果もないのです

ページを淡くする あなたは経済学の専門書籍を読了できますか

私はあきらめが早い質(たち)なので、なかなか読了できません

 とにかく「説明のない専門用語の多用」と「ページにびっしりと並ぶ文字列」を見ただけで、その書籍を棚に戻してしまうほどです

「ページが濃い」というだけで、嫌われます

 とくにライトノベルであれば、できるだけ「ページは淡い」ほうがよいのです

 お手軽に読めるから「ライトノベル」なのですから、小難しい論文を嬉々として読める人はまずいません

 漢字を開く(ひらがなにする)、意味のまとまりを意識して改行する、一文を適度に短くする

 そうするだけで「ページは淡く」なります