ジャマイカ ぱちんこ

ジャマイカ ぱちんこ

すると、目的のために必要な手段ってのを考えて、その技術を身に着けようとする

この流れにおかしいところはあるか?」「ないっス」 実際、今のつみれがそういう状況だ

あなたも好きかも:キング・アーサーズ・リッチーズ
「つまり、試験の受験者の大半は、狩人になりたいって目的を抱いて、手段を考え、技術を身に着けて試験に挑むわけだ」「まあ、そうっスね」「――それがいけねえ」「……は?」「それじゃいつまで経っても合格はしねえんだよ

現役狩人の誰でも、そう答えるだろうぜ

なろうと思ってなれるもんじゃねえ

何しろ狩人は資格じゃなく、生き様だってな」「って言われても、いまいちぴんとこないというか……」「つまりだ、狩人ってのは職業じゃなくて、生き方なんだよ

あなたも好きかも:スロット bar
たとえば会社員が自宅に帰った時、仕事のことを四六時中考えてると思うか?」「そりゃ人によるだろうけど、まあ、家族があれば家族のことを考えるだろうし……」「だよな? 長期休暇にでもなりゃ、じゃあ子供を連れて遊びに出ようってのは、まあ一般的な思考だ

その際には、普通に楽しんで、たとえば連休の最終日になれば、また明日から仕事かと、そう思ったりもするわけ」「うん」「狩人になれた連中はな、そういう普通が、ねえんだよ

むしろ――抱けないっつーか」 欠陥なんだと、エイジェイは言う

「便利だしとっておくか

あなたも好きかも:偽物語 スロット ボーナス中 ハズレ
面倒だがしょうがねえ

これも荷物になるのか――そんなツラでふらりと姿を見せる馬鹿だけが、認定証なんて、価値すらねえもんを所持できる

誇り? 存在証明? いやいや違うだろ、俺らはそこらにいる夜盗と似たようなもんだ

命を対価にする馬鹿共だ

俺たちはこういう生き方をしてるんじゃない、こういう生き方しかできねえ人種なんだ

クソッタレと毒づきながら泥水をすするよりゃ、金になる方がマシだろ? 狩人なんて、そんな程度でいい」 むしろ、その程度に考えられるからこそ、認定証を持っているのだと、気軽な様子でエイジェイは言った

「だから、まあ、これしかなかったって最初の答えになるわけだ」「仕事じゃなくて生き方……か」「つっても、言っちまえば狩人の生き方に合わせられるような人間なら、問題はねえんだけどな

四六時中情報は入ってくるし、依頼を受けていない時だって俺らは仕事中みたいなもんだ