ブラックジャック 体が小さくなる

ブラックジャック 体が小さくなる

 連体形は、「サ行五段活用」は「〜す○○」、「サ行変格活用」は「〜する○○」です

 たとえば「話す人」はよくて、「運動す人」は駄目

「探する人」は駄目で、「期待する人」はよい

 これは皆様わかりますよね

 では「べき」はなんでしょうか

これは助動詞「べし」の連体形です

つまり体言へつながります

 この二点から「サ行五段活用」なら「〜すべき」、「サ行変格活用」なら「〜するべき」が正しいと導き出せるのです

あなたも好きかも:花火 スロット グッズ
 つまり「運動すべき」は「運動するべき」、「会得すべき」は「会得するべき」、「葛藤すべき」は「葛藤するべき」、「期待すべき」は「期待するべき」、「決すべき」は「決するべき」、「絞殺すべき」は「絞殺するべき」

あなたも好きかも:カイジ パチンコ ハイアン ドロー
「察すべき」は「察するべき」、「選択すべき」は「選択するべき」、「発すべき」は「発するべき」

あなたも好きかも:パチスロ 閃乱カグラ アプリ
これが正しいとわかりますよね

 丸谷才一氏はこの点から「すべき」は誤用と主張したのです

 初耳かもしれませんが、本来の日本語では「サ行変格活用」では「するべき」が正しい

なぜ「することができる」は駄目なのか では次の話題に移ります