パチンコ ユニコーン ハマり

パチンコ ユニコーン ハマり

まだまだ万全に近い魔力を維持しているように思えるほど膨大な魔力を感じさせるフェイ・ウォルカは、風に吹かれて徐々に薄まっていく粉塵の先に堂々とした姿で立ちはだかっていたわ

「それほどの破壊力は素直に羨ましいと思うわ

」「…ふん

あなたも好きかも:スロット アクア 魚住
嫌みにしか聞こえないな

」…あら、そう?私としては試合場を粉砕した事実を素直に褒めてみたのだけれど

フェイ・ウォルカには嫌みに聞こえてしまったようね

あなたも好きかも:スロット ライン バレル
「さすがは女王の使い魔というべきか…

」…ええ、当然でしょう?僅かな不満を表情に示すフェイ・ウォルカが左手で握り締めるファルコンの先端を上空に向けたわ

「これでも全力で攻撃したはずなんだがな…

」…あら

…それは残念ね

苦々しげな表情を見せながらも油断なく上空を警戒するフェイ・ウォルカは、消滅せずに残存している魔獣ケルベロスを睨みつけてから少しずつ私との距離を開いていったわ

「まさか斬れないとはな…

あなたも好きかも:リゼロ スロット 設定6 見分け方
」どうやら精霊への攻撃に失敗したことに戸惑いを感じているようね

だけど私にとっては斬れないことが当たり前の話でしかないのよ

…だってそうでしょう?「貴方は影を斬れるつもりでいたの?」フェイ・ウォルカに一つの質問を投げ掛けてみる

「決して光を遮れないことと同じように、決して影は切り離せない

それがこの世界の真理でしょう?」フェイ・ウォルカの力がどれほど強くても

フェイ・ウォルカの攻撃がどれほど破壊に特化していたとしても