源さん スロット 万枚

源さん スロット 万枚

 あのような可憐な男がいてたまるか…」 その呟きは、誰にも届かない

 その後山を降りてきたジスランは、セレスタンが倒れたと聞き医務室に飛び込んだ

 そして事情を知ると…膝を抱えて落ち込んだ

「コイツ一体どうしたんだ…?」 エリゼの問いには、バジルが答える

あなたも好きかも:アラジン2 スロット リセット
今はゲルシェも席を外しており、医務室内にはセレスタン含め4人のみ

「えっと…その…数年前までジスラン様は、ドゥーセ先生と似た考えをセレス様に…押し付けていたのです」「うぐっ」「ああ…ボクも聞いたな

ヘロヘロになったラサーニュに追い討ちをかけたり、軟弱な!とか言って責めてたとか」「うぐはっ」 バジルとエリゼの口撃に、ジスランのライフはジワジワと削られていった

 その鬼指導も…とある事件を切っ掛けに減少し

セレスタンが女の子だと知ったバジルが「どうかこれ以上、セレス様を追い詰めないでください!!!」と涙ながらに土下座して完全にやめたのだ

あなたも好きかも:パチンコ スルーばかり
 なので数週間前ジスラン本人が彼女の正体を知ってしまった時、ようやくバジルの本意を理解した

 同時に…今すぐ自分自身の首を斬り落としたい程に後悔したのだった

「俺も…ドゥーセ先生と同じだ…!他者を思い遣る事も出来ない、自分の理想を相手に押し付けて自分が正しいと思い込むクソ野郎」 そんな風に自分を責めるジスランに、エリゼはため息混じりに声を掛けた

あなたも好きかも:クラフィ ラン スロット
「…お前は間違いに気付けたんだから、それでいいじゃないか

人間っつーのは迷って間違えて後悔して…傷付いて成長する生き物だろーが

 ……ボクだってコイツに、散々酷い事を言った

今更取り消す事も出来ないが…謝罪して、赦しを乞う事は出来る