スロット atタイプ

スロット atタイプ

そう志すことも自由です

「異能力バトル」を書き続けたいでもかまいません

あなたも好きかも:パチンコ モンキー ターン 神速
 王道の「剣と魔法のファンタジー」を書き続けてもよいのです

 要は、書き手としてのあなたの「代名詞」になるような「テーマ」が欲しい

『フルメタル・パニック!』でブレイクした賀東招二氏は、『甘城ブリリアントパーク』で多少苦戦しています

あなたも好きかも:スナイプ スロット 公約
これは「生涯書き続けたい命題(テーマ)」の不明なところが枷になっているのです

もし「ロボット・アクション」に特化したテーマを書き続けていれば、現状よりもラクに支持を得られたでしょう

そうしなかったのは、賀東招二氏が書きたかった小説を『フルメタル・パニック!』で書き尽くしてしまったからではないでしょうか

しばらくは同じような作品は書けないな

そう思ってしまったのかもしれません

その結果が『甘城ブリリアントパーク』の失速につながっているのです

あなたも好きかも:パチンコ レイヴ 保留
賀東招二氏が「ロボット・アクション」ものをまた書いたとすれば、必ずや往年のファンは歓喜して戻ってくることでしょう

それくらい「代名詞」となるような「テーマ」が欲しいのです

 文学小説では「生と死」以外に「友情」が「テーマ」になりやすい

夏目漱石氏『坊ちゃん』、太宰治氏『走れメロス』のように

 自身の評価を「生涯書き続けたいテーマ」に求めるのか、「多様な作品が書ける」ことに求めるのか

前者は熱狂的なファンによって支えられ、後者は文壇に名を残すような名筆家としての名声によって支えられます

最後に 今回は「よい小説は存在しない」ことについて述べました