ブラックジャック 25巻

ブラックジャック 25巻

あれは乾燥帯以外には生息していないとかだと嬉しいな……「……しっ

なにか……何か聞こえない……?」「……? 俺……達には何も……」 突然立ち止まって、ミラは耳をすませて辺りをキョロキョロし始めた

僕もオックスも顔を見合わせて首を傾げるばかりだが、彼女の人並み外れた感覚器官なら僕らが捉えられない音だって拾えるのだ

しかし……ということは、だ

あなたも好きかも:パチンコ サービス
「…………ちょうど良いわ、草に身を隠して進みましょう

二人とも手を繋いで、絶対に逸れない様に」「……分かった

オックス」 そう言ってミラは僕の右手を握った

逸れない様に、そして草に身を隠して進む、ということは……つまり、相手は鼻の利く魔獣では無いのだろうか

あなたも好きかも:立川 パチスロ 優良 店
だが、一定以上の危険度はある相手

つまり……危険度の高い人間……? 左手をオックスに差し出して、三人ひと繋ぎになって僕らは草をかき分けながら進む

あなたも好きかも:スロット トム 謝罪
しゃがまないといけないオックスは大変そうだな、なんて心配も口に出す余裕は無い

ひたすら無言で、足音にも気を払って慎重に僕らは進む

「……あれは……っ」 先頭車両のミラが何かを見つけたようで、僕らに伏せろと指示を出し、ポーチの中に手を突っ込んで自身も身を屈めた