プレミアムカリビアン

プレミアムカリビアン

 サナエの掛け声に研究員達が近づいてきて、口々に俺に言葉を投げかけ始めた

あなたも好きかも:シンフォギア パチンコ プレミアステージ
「21世紀人か! ちゃんと超能力は使えるのか!?」「あんた配信見てないの? ガジェットをサイコキネシスで飛ばしてたじゃない

それよりも、使ってて違和感とかある?」「普段、無意識で発動していることはあるか?」「好きな能力はどれですか?」「研究用にソウルエネルギー提供してくれない?」「21世紀では超能力はどういう存在だったんだ?」 ううーん、聖徳太子じゃないから聞き取るのは無理っすわ

 俺が困り顔になっていると、そこにサナエが割り込んだ

あなたも好きかも:偽物語 パチンコ 甘 保留
「はいはい、今日中に検査を終わらせるんですから、質問はなしでお願いしまーす」「くっ、おのれサナエめ」「聞こえませーん」「ヒスイさんが助手だったときは、こう、もっと言うこと聞いてくれたのに……」「ヒスイみたいに使われるだけの私じゃないですよー

さ、お姉様、検査に参りましょう

こちらのソウルコネクトチェアですよ」 俺はサナエに手を引かれ、室内の隅に置かれた椅子へ案内される

「ソウルコネクトチェアか

検査はVR空間でやるのか?」 俺はそうサナエに尋ねてみる

「んー、ちょっと違いますね

検査機器と魂をつなげるのに、ソウルコネクト技術を応用するという感じでしょうか

検査中は眠っている感じになるそうです」「そうか」「では、座ってくださいね

あなたも好きかも:本日 スロット イベント 群馬
違和感とかないですか? 一応、実験区にある中で一番お高いのを用意したんですが」「わざわざ用意したのか……検査が決まったのは今朝だったよな?」「研究員の人が頑張って、他所から引っ張ってきました!」 そうか……別に普通のタイプで構わなかったんだけどな