奈良 パチンコ 大和小泉

奈良 パチンコ 大和小泉

「……暇だな……」「……ああ、私も十分に睡眠を取った……」「本も全部読んじゃったなぁ……」 本を読んだり睡眠を取ったりと、各々(おのおの)で過ごしていたエマ、フォンセ、キュリテの三人

 先ずフォンセが言い、エマとキュリテがそれに続いて話す

 実際、数時間の休息を取ったのである程度の用事は済んでいた

 用事とは、調べものや休息などの問題は既に終わらせたという事

あなたも好きかも:蒼きアルペジオ スロット 天井
 フォンセはソファーに寝転がり、日が暮れたので楽に行動できるようになったエマは窓へ凭《もた》れる

 キュリテは読み終えた本を積み上げ、相変わらずベッドの上で横になっていた

「どうする? 私は……全てでは無いがある程度はこの本を読み終えた……ちゃんと頭に呪文を入れたから明日か明後日か……兎に角近々行われる再戦への準備は終わらせたぞ?」 ソファーから立ち上がり、スタスタと歩くフォンセ

 フォンセは禁断の魔法・魔術が書かれた本を仕舞い、ソファーの背凭《せもた》れに腰を降ろしてエマとキュリテへ尋ねる

「私もー

もう全部の本を読んじゃったよ

あなたも好きかも:ドラクエ6 カジノ
結構面白かったけど、一度読み終えたら読む事が無くなっちゃうよねぇ……」 そんなフォンセに返したのはキュリテ

あなたも好きかも:パチンコ 焼肉
 キュリテはベッドから起き上がって歩いて行き、本棚に本を戻して話す

 数十冊ほど本を手に取っていたのだが、物の数時間でそれを読み終えるとは速読をマスターしているのだろう