パチンコ 告知規制

パチンコ 告知規制

「しかし、生きている」「生かされました」「……喜ぶべきだ」「……はい」 素直に、うなずく

 喜ぶほかなかった

 生かされたからこそ、合一を拒絶されたからこそ、ニーウェはいまこうして、ニーナと話し合うことができている

「本当に、良かった」「……姉上」「心配したのだぞ」 ニーナが強い口調でいってくる

 それは、第七方面軍総督としてではなく、姉としての言葉だった

だからこそ、より強く響き、感じるのだろう

無論、第七方面軍総督としてのニーナの言葉に重みがないわけではない

感じ方、受け取り方に違いが生まれるということだ

あなたも好きかも:ガルパン2 スロット 天井
「おまえが生きて戻らなければ、わたしは死ぬところだった

あなたも好きかも:パチンコ イベント 昔
たとえ生きていたとしても、死んでいたも同然だろう

わたしにとっておまえは、命よりも大事な存在なのだ

そのことを忘れないでくれ」「ニーナ……」 ニーウェは、彼女の名を呼び捨てにした

ほかにだれもいないふたりきりのときは、そう呼ぶのが通例だった

あなたも好きかも:新丸子 パチンコ イベント
彼女が総督としての振る舞いを行わないということは、そう呼べということなのだ

 彼女は、椅子から立ち上がると、ゆっくりと近づいてきた