スロット・フルケア

スロット・フルケア

 その中央には、見慣れた転移門があった

 そこを通って行くということなのだろう

「今後は、ここを通って日用品などをそろえて行くことになるので、覚えておきなさい」「この門は、許可された者しか通しませんわ

あなたも好きかも:攻殻機動隊 パチンコ 演出
知り合いなどを通そうと思ってもできませんので、気を付けてください」 もし無断で通そうとすると、塔の管理者へと連絡が行くようになっているとのことだった

 その話を聞いたセシルとアリサは、神妙な顔で頷いた

 二人の転移門の使用は、特に制限はされていないので、自由に出入りできるとのことである

 ワーヒドが来るのはこの部屋までということで、そこから先は四人で向かうことになった

 転移先は、先程とはまた違った趣がある部屋になっていた

あなたも好きかも:クッキングフィーバー スロット リセット
 その部屋からまずは外へ向かい、外観を見た二人は、セントラル大陸の街にある一般的にある神殿とは違った造りとその大きさに驚いた

 正確には、神殿ではなく神社なのだが、残念ながら二人にはその知識は無かったのである

 大きさに関しても、そもそもワンリ一人で管理が無理だというのが納得のレベルの大きさだった

 というよりも、二人が加わっても部屋の掃除をするだけだけでも手が回らないような大きさである

あなたも好きかも:バカラ 2021 ペアグラス
 セシルがそう申し出ると、シルヴィアから返ってきた答えは、「大丈夫ですわ

そもそもお客様などを迎えるわけではないので、建物が傷まないように維持できればいいのですわ」 というものだった

 とはいえ、手を抜けばすぐに不適格としてまた奴隷商館に戻されると思っている二人は、手を抜くつもりはないのだが

 結局、二人で話し合って五日ほどを掛けて、全ての部屋を掃除できるようにローテーションを組むのである