江戸崎 パチンコ店

江戸崎 パチンコ店

「調べてからでないと、埒(らち)があかないか」一言そういって、アプリコットがまた中庭に向かって歩き出した

 暗い顔のリリィ、ルイ、ふんわりとした感じのアトがそれに続く

「リリィちゃんにルイ君、報告は仕方がない事にしても、悪いようにはしないから安心しなさい」中庭に向かいながら明朗に言うアプリコットの言葉に、リリィとルイは大人しく頷いた

あなたも好きかも:ブラックジャック 美少女
それを確認すると、アプリコットは口角をニィっとあげて口調を新たに喋り始める

「さて、本当に急いで中庭に着かないとね

母上が、どこかにおでかけになるかもしれないわ」アプリコットが歩調を早めたので、リリィが尋ねた

「アプリコット様のお母様は、今日何か御用事でもあるんですか?」「用事なんてないよ

"母上はこの館"が嫌いなだけ

あなたも好きかも:パチンコ ハッピー 二十四軒
そして、"私の顔"もね」顔が嫌いというアプリコットの発言で、リリィの歩みがピタリと止まった

『お母さまは、私の顔が憎いの』アルスが夢の中で聞いたという幼女の言葉と、アプリコットが今発言した内容がとても似ていると感じた

「あら?リリィちゃん、どうしたの?」歩みを止めた少女に、アプリコットが語りかける

リリィはそれに意を決した表情で、発言する

「あの、とても失礼な事をお尋ねしますがいいですか?

どうしてアプリコット様の顔が、アプリコット様のお母様は嫌いなんですか?」アプリコットが質問を受ける許可を答える間もなく、リリィはかなり際疾い質問をした

「ああ、それは私の顔――――とは言っても、このケロイドに覆われるまで、この顔とそっくりだった人を理由に、血縁らしい人達が、色々煩く母上は言われてきたきたらしいから」サラッとアプリコットが答えた

あっけらかんと、拍子抜けが合わさったような空気が場を包む

「は?何でアプリコット様の顔が、アプリコット様のお母様を苛めた奴の顔に似るんすか?」まずルイが疑問の声をあげた

アトも不思議そうに首を捻る