パーラー ぱちんこ

パーラー ぱちんこ

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 気づけば一面真っ白な世界に来ていた

 そこにいるのは考助一人・・・というわけではなく、目の前には百科事典程の大きさの本が浮いていた

〖初めまして〗 突然目の前の本から話しかけて来た

あなたも好きかも:ボダラン スロット
 音を使って耳から入ってくる言葉ではなく、頭の中に直接響く声だった

「えーと? 初めまして? 考助です」〖知っている

あなたも好きかも:千鳥 大悟 パチンコ
私は<・・・・>〗「え? なんですって?」〖残念ながら、まだお主には、私の名前を聞く資格がないようだ〗 目の前の本は、そんなことを言って来た

「そうですか

・・・うーん、でも何となく想像できるんですが?」〖ほう

あなたも好きかも:松戸市 パチンコ 閉店
ではその名前をいってみよ〗「では、失礼して・・・世界記録(ワールドレコード)」 考助がその名前を呼んだ瞬間、目の前の本が光を発して、パラパラとページがめくられていった

 それは、あるページのところまで進んだところで止まった

〖それは、我を現す名の一つ

それが全てではない

だが、我の全てを理解できる者がいないこともまた事実だ〗「あー

要するに僕では理解できない存在、という事でしょうか?」〖どうであろうな? あるいは長い長い思索の果てにたどりつくことも出来るやもしれぬ〗「なるほど

ところで、僕をここにお呼びになったのは貴方ですか?」〖我は呼んでおらぬよ

そなたが我の所に来たのだ〗「あれ? そうだったんですか? それはお騒がせしました」〖構わぬ

たまにはこうして他者と会話するのも悪くはない〗 本の形をしているだけに、表情と言った物は分からないが、その声の調子から怒っていると言った様子は感じられなかったので、考助はホッとした

〖それで? そなたは我に聞きたいことがあるのではないのか?〗「あ、やはりお見通しでしたか

でも止めておきます」〖ほう