sammy アラジン パチンコ

sammy アラジン パチンコ

そして飲み物の入った黒いポットとコップを俺たちに差し出し「お茶入れてきてッてギンエビが」「起きたんだーね」「マクロボスはこれをお風呂に使って」真顔でミシカにコップを差し出されマクロボスは俺の頭から肩へと降りると、震える声で「こ、ここここここでは脱げないだーよ……」「お茶のお風呂だよ?たぶん気持ちいいよ?」「ぼ、ぼぼぼ僕の身体にちょっと小さいし……」「そうかなー?じゃあ、ちょっと大きめの持ってくる!」ミシカは駆けて行った

俺と美射はとりあえず、コップにお茶を注いで飲む

あなたも好きかも:パチンコ 負けない 立ち回り
「旨いな……タズマエだろうな」「そうね

あなたも好きかも:パチンコ ホルコン と は
こっちの食材を余すことなく使ってるわ」少し気持ちが落ち着いた

震えているマクロボスは床に飛び降りると「あ、あの……ミイさん、僕、ミイさんの胸元とかに 隠れても……」平身低頭で恐々とと飲み込んでくるが「ほほう

私の胸が小さいから服が余ってて それで入り易いと

ふーんそうですかー」美射は顎を上げて、マクロボスを見下げながら言う

空中マンションに帰ってきたときにふと言われた一言を根に持っていたらしい

「い、いや、あの……十分おっきいだ! 訂正するだ!だ、だから……」「大きいと、今度は入りきれませんなー」あからさまに仕返しで意地悪している美射を止めようとすると「まあ、但馬から怒られる前に入れてあげるわ

 但馬が居なかったら入れませんけどー」マクロボスはホッとした顔で、美射の身体をよじ登りそしてスルスルと旅装の胸元に入っていった

その後、黙って二人で映像を眺め、旨いお茶を啜っているとようやく、塔の近くの建物の中へと山口たちが入りそして美しい建物内をモラリスに案内されながら進んでいく

彼は得意げに真っ白な通路を見回しながら「液化した共鳴粒子を使うことにより こうして当時の我々は、物質の永久化を実現させたのだよ