スロット アナターのオット ハーデス やめどき

スロット アナターのオット ハーデス やめどき

 だが、シルヴィアにはその視線の意味はすぐに分かった

「・・・いえ

申し訳ありませんわ

できれば、この方が目覚めるまで、お待ちいただけますか?」 シルヴィアのその答えに、神殿長は一瞬だけ目を丸くして、すぐに笑みを浮かべた

「・・・そうね、そうしたほうがいいでしょう

あなたも好きかも:パチンコ グラディエーター 中古
それまでは、私も勉強させてもらいます」 神殿長はそう言って、考助の姿が確認できる近くのベンチに腰かけた

あなたも好きかも:パチンコ ペルソナ
「あなたも腰かけたらどう?」「いえ、ありがとうございます

ですが、私はこのままでよろしいですわ」「そう」 神殿長は、そう言って頷き、考助の方へと目を向ける

あなたも好きかも:戦国姫 パチンコ
 その目は完全に、高位に位置する聖職者としての目になっていた

 結局考助が目を開けたのは、目を閉じてから約一時間後のことであった

 目を開けて最初は眩しそうな表情していた考助は、すぐそばに控えていたコウヒに問いかけた

「どれくらい時間たった?」「一時間ほどです」「・・・時間の感じ方が、全然違うな

接続に時間がかかったせいかな?・・・・・・おっと」 その場から立ち上がろうとした考助は、よろめいてコウヒに支えられた

 一時間近く同じ姿勢で、ほとんど動くことがなかったのだから、無理もないだろう