スロット 北斗の拳 転生の章 中押しチャンス

スロット 北斗の拳 転生の章 中押しチャンス

この土地は王都の治外法権、迷宮が法律です

王都の軍隊が常駐するようにお願いしたことも、駐留を許可した覚えもありませんが?」 要するに出ていってくれと言っているのだけど、パスカルたちはお辞儀をしたまま動かない

 私の本(・)体(・)と迷宮管理人(グラスアバター)は別人である、と認識されているはずだ

エミーでさえ、ネタばらしをしなければ別人だと思っていたくらいだし

 一方で『ラーヴァ』と迷宮管理人がイコールで結びつくかどうかは、黒に近い灰色だと思われてはいるだろう

怪しさ度で言えば、『本体=ラーヴァ』と変わらないレベルではなかろうか

 で、ここで迷宮管理人が怒っている、というのは王都騎士団に対するメッセージなのだけど、① 友(・)達(・)を疑うなんて酷い! プンオコ!② 迷宮管理人(わたし)を『ラーヴァ』だと疑うなんて酷い! プンオコ! という二つの側面がある

あなたも好きかも:パチンコ 高岡 イベント
①に関してはポートマット西迷宮とは懇意であるというアピールでもある

 ②に関しては『ラーヴァ』が誰なのか、という議論を再燃させること、そのものへの抗議だ

三(・)者(・)をイコールで結びつけたがる勢力がいて、そんなものの言いなりになっていることへの懸念を表明していると言える

あなたも好きかも:相生 パチンコ バイト
 ①②のメッセージはちゃんと伝わっているはずで、ついでに言えば、迷宮管理人が持っている不満に対して解消策を持ってきていないにも拘わらず、表面的な謝罪のためだけにやってきた王都騎士団への嘆息でもある

あなたも好きかも:パチスロ 7号機
 ――――王都騎士団には失望しつつあります――――

 歯噛みしながらもパスカルは、その重圧を受け止める以外にない

「一刻以内に騎士団と、その関係者は迷宮の敷地から退出せよ

退出が確認されなかった場合は、交戦の意志があると見なす」 こ(・)こ(・)はグリテンではあるけれどグリテン王(・)国(・)ではない

当方が先(・)住(・)民(・)で、貴様たちが寄(・)生(・)虫(・)なのだから

 グラスアバターは透き通るような声で、周囲に告知をした

【王国暦122年9月29日 12:50】「虫? ですか?」「……………ああ、うん

もう蝉の季節は終わっちゃってるね……」「え、蝉って食べられるんですか?」「シャクシャクとした食感が素晴らしいねぇ」 そう言いながら、意識チェンジで切り替わる景色を確認しつつ、ゆっくり歩いて『黄金虫亭』へ向かう