パチンコ 海物語 攻略

パチンコ 海物語 攻略

諦めてはならないし、諦めるわけにはいかなかった

不安がないではない

ミリュウたちの身になにがあったのか、心配でならなかったし、気が気ではないのも確かだ

あなたも好きかも:千葉県 パチンコ 印西
だが、だからといって焦燥感に駆られ、冷静さを失えば、見つかるものも見つからなくなるだろう

あなたも好きかも:パチンコ 北斗無双 台選び
わずかな手がかりの発見の遅れが、ミリュウたちの命の危機に関わる

あなたも好きかも:パチスロ ウーハー
(とはいえ) セツナは、ここ七日あまり、なんの進展もない広域捜索を続けていることに疑問を感じずにはいられなかった

まるでなんの手がかりもつかめていないのだ

このままミリュウ隊の調査地点まで辿り着き、ミリュウたちの消息がわからなければ、完全にお手上げ状態となるだろう

その可能性が見えてきたものだから、さすがのセツナも焦りを覚えずにはいられなかったし、捜索方法にも疑問が生まれる

ただ闇雲に探し回ることにどれだけの効果があるのか

これまでもそうやって探してきて、なんの手がかりも得られなかったのではないのか

(このままでは埒が明かねえ) そこでセツナは、黒き矛を召喚した上で、別の眷属を同時併用することで感知範囲、感知精度を高めようと試みた

さすがに負担が膨大かつ安定感の欠ける完全武装状態にはならなかったものの、複数の召喚武装を同時併用することによる五感の強化は、瞬間的にセツナの意識を研ぎ澄まし、いままで見えなかったものまで克明に彼の脳裏に刻みつけた

共同捜索隊の捜索範囲以上の広範囲がセツナの感知範囲そのものとなり、感知範囲内の地形の隅々までも一瞬のうちに把握する

範囲内に動く生き物の代償関わらず五感に引っかかり、その息吹き、身動き、体臭までもが精確にわかる

五感を制御する技術を持ち合わせていなければ、なだれ込んでくる情報量に圧倒され、自分を見失うだろうこと請け合いだった

 それは、なにもセツナのみにいえることではない

武装召喚術を唱えられるようになったものが一番最初に立ち向かわなければならない試練のようなものであり、このとき、肥大した五感を制御しきれず、情報量に飲まれ、我を失った武装召喚師は、そのまま逆流現象によって意識を灼かれ、廃人同然と化すのだという