スロット アイマス 終了画面

スロット アイマス 終了画面

――帽子らしい

手に取って頭からズリ下ろし見ている間に、大介は「おそろいやな」と同じく箱に入っていたシャツを取りだし広げている

 一平は奔放な彼を横目でじっとりと睨み付けた

「……おまえ、人のモンを……」「サイズ、ピッタリなんちゃーう? おまえでかぁなってんのに、ミナちゃんよぉわかっとるやん」 「……知るかぁ」と、帽子を元の箱に投げ入れる無愛想な一平に構うことなく、大介は「ん?」と箱の奥に隠れていた花柄の模様の入った封筒を手に取った

「手紙入っとるぞ」「……ふーん」「読まへんのか?」「……

置いとけ

勝手に開けるな」 先を読んで注意すると、大介は手紙を一平の目の前に上げて視界を妨げるように上下に揺らした

あなたも好きかも:緋弾のアリア パチンコ 甘
「ほな、今読め

あなたも好きかも:dmm オンラインゲーム 人気
読め」 「ほら

あなたも好きかも:パチンコ 総回転数 見方
ほら」と、しつこく催促する大介に根負けして、一平はため息混じりに渋々それを奪い取って封を開けた

かわいらしい便せんを広げ、「ったくぅ……」と、不快げな気配のまま、文字を目で追う

大介は横から「なんて? なんてっ?」と、愉快げに身を乗り出して手紙を覗き込もうとするが、一平はそれをサッと横に隠し、内容を確認していた表情を段々と曇らせた