パチンコ 8月1日

パチンコ 8月1日

凄いのは知ってるけど、私も魔術師じゃないから分析できないし

あなたも好きかも:スロット 新台 まどマギ
アルノ、説明」「この刃物の金属構成に、一切の〝金属〟が使用されてないんだよ! はあ? ありえないだろ! いや現実にこいつが金属の刃物である以上、それは否定されるわけがない

あなたも好きかも:リゼロ スロット 死に戻り
ないけど、なんだこれ⁉ すげえ! 〝ありえない〟物質配合だぞ! こんな――」 ありえない

そう思うのに、でも

「――こんな創り方もあるのか!」 嬉しそうに、アルノは言った

まるで子供がはしゃいているかのようだ

「はは、ありがとうギィール」「もうよろしいので?」「ああ

これで僕も、最初からやり直しだ

設計、理論、何もかも組み直し

――はは、心が躍るよ!」 だから

「ギィール、続きをしよう」「というと?」「僕が持っているガラクタを、――全部壊してくれ」 そう言って、どこかすっきりしたような笑みを、アルノは浮かべた

アルノ「あー、すっきりしたぞ! やるぞ!」サラサ「元気いいなあ」アルノ「……な、なんだ? なんだよサラサ」サラサ「個人的には泣きそうな顔が好き

あなたも好きかも:パチスロ インフィニット ストラトス フリーズ
えへへ」ギィー「やっぱり、アルノさんはサラサ殿の趣味ですねえ」アルノ「ちょ、ちょい待ち

……どこが?」サラサ「泣きそうな顔!」ギィー「背格好や顔、あとは雰囲気、でしょうか」アルノ「ギィール、いいか、それを僕は喜んでいいのか?」ギィー「…………」サラサ「え、いいとこだよ?」ギィー「……す、すみません、アルノさん

二日ください」アルノ「そんなに悩むところなのかよ!」

何もかもが新鮮だ、とは言い難いが、良い経験をしていることは事実で、昼食とも夕食ともつかない閑散とした時間、宿の階下にある食事処でお茶を飲むフルールの傍らでは、テーブルに紙を広げて図面を引くハクナがいる

随分と集中しているようなので、会話は成り立っていないし、邪魔をしようとも思わないが

 思えば、初めてハクナを見た時も、こんな様子だった