ガルパン スロット パンツァー革命

ガルパン スロット パンツァー革命

 ついでにちょっとファンタジーな言葉が出てきました

 次回は契約魔術です

わたし達のテーブルを女性従業員に片付けさせたマルクが、色々な物を乗せたお盆をもってきた

 トレイと言った方が、セバスチャンっぽいマルクには合うかもしれないけれど、木を削って作られている平たい円は、お盆としか表現できなかった

 マルクがテーブルの上に、持ってきた物を並べていく

あなたも好きかも:パチスロ エウレカセブンao バー揃い
何枚か重ねられた板、インク壺、細い竹のような葦のような植物でできたペン、石板、石筆、布

 全てを歪みなく、ピシッと置いて、マルクは顔を上げた

「では、発注書の書き方を教えます」「よろしくお願いします」「お、お願いします」 マルクはわたしとルッツを見比べた後、ルッツに声をかけた

あなたも好きかも:ブラック・ラグーン 4 スロット
「ルッツ、字は書けますか?」「……オレ、自分の名前しか書けない」 粘土板を作っている時にわたしが教えた名前の書き方をルッツはしっかりと覚えていたらしい

しかし、ここで使われるのは自分の名前だけではないだろうと、困ったように顔を伏せる

 ルッツの話を聞いたマルクは、ふむ、と一つ頷いて、石板を取り上げて、ルッツの前に置いた

「自分の名前が書けるのですか? 商人の子ではないと聞いていたのですが……驚きました

あなたも好きかも:ランドネット 悪質
契約には問題ありません

ですが、文字は見習いになれば全員が覚えることです

マインが発注書を書く間に基本文字の練習をしましょう」 商人の子ではないルッツが自分の名前を書けるとは思っていなかったようで、契約までに覚えさせる予定になっていたようだ