パチンコ 七つの大罪 設定

パチンコ 七つの大罪 設定

そこで俺は気にしないようにする――そこまで考えて、ふと思った

気にしない、つまり度外視したのならば、それがもう既に〝罠〟なんじゃねえか? 少なくとも俺にとって、驚きそれ自体が意識の外、除外されたのならば、本来あるべき情報量を自分から減らしているんじゃ?」「よく考えてやがる……ついでに言えば、戦闘内においてそれは、お前自身の〝驚き〟も意識しないことになるぞ」「だが逆に、その虚実を考えたのならば、囚われる

今のは嘘か、真実か? 囚われれば迷いを生む

簡単に言えば、わからなくなる

つまりこっちも、この時点で罠だ

あなたも好きかも:エピフォン カジノ ブルーラベル
チィマ、お前がやってたのは、こういうことの積み重ねなんじゃないか?」「いつから積み重ねたのかって問題はともかくとして、まあだいたいその通り

ずっと笑みを張り付けて交渉していたところで、笑っていることが既に欠点だ

つまりこいつは、笑み以外を隠そうとしていると相手に思われる

隠し事があるのなら、そうと思われたなら、交渉は不利だな」「つーことは、そもそも正しい判断なんてねえ――そうだな?」「はは……状況に応じて顔を変えて、対応するには、経験を積む以外にないし、正解なんてのは結果が出るまではお預けだよ」「だろうな……まったく、冗談じゃねえ」「……冗談じゃないのはこっちだ

あなたも好きかも:ハナ信用組合 パチンコ
おいサクヤ、お前そこまで考えるヤツだったか?」「五年だ、コノミさん

あなたも好きかも:ドラゴンクエスト11 スロット ジャックポット
その間に馴染んだんだよ

頭でっかちだとは思われたくねえ」「いやサクヤさんは、そういうんじゃないだろ」「そうか?」「それを教えるために、姉ちゃんとギィールさんは訓練してんだからな……」「やっぱそうか

もっとも、あいつらの場合は俺みたいに気付いて終わりじゃなく、気付いて対処までが必要だろ

その先に〝自然体〟って言葉が落ちてりゃ、それでいいんだけどな」「教えてやらないのか、お前は」「ん? まだ聞かれてねえから」 つまり、サラサとギィールも、サクヤのこういう部分は既に認めており、問えば答えがあると知っていて、問うことを避けている――ということだ

「つってもギィールは気付いてるだろうし、サラサは気付いたら駄目なタイプだ