キングハナハナ スロット

キングハナハナ スロット

白はシーラの色で、あたしは赤なのよ」 白金色と白とでは厳密には同じではないのだが、傍目に見れば、似ているといえるのかもしれない

無論、ミリュウの本音はそんなところにはないだろうし、髪の色を変えることの理由が欲しいだけなのだということは明らかだ

だからセツナはそれ以上、意見をいうつもりはなかった

ミリュウはミリュウだ

好きにすればいい、という思いのほうが強い

どのようなミリュウであれ、愛情に変わりはない

「まあ、想うままにしたらいいさ

あなたも好きかも:バジリスク 甲賀 忍法 スロット
俺はどっちのミリュウも好きだし」 セツナが想ったまま口にすると、ミリュウが上体をくねくねさせた

あなたも好きかも:ハワイアン・フルーツ
「ああん、セツナったら大胆」「なにがだよ」「みんなの前で告白だなんて……」「お、おう……」 セツナは、どう反応すればいいのかわからず、雑に相槌を打った

すると、背後に控えていたレムがそっと耳打ちしてくる

あなたも好きかも:龍 が 如く スロット 新台
「御主人様は相変わらず女誑しでございますね」「おまえ、わかってていってるだろ」「はい、わかっておりますです」 レムがにこやかに微笑んでいることは、見ずともわかる

彼女はセツナをからかうとき、この上なく楽しそうだった

それは昔からなにひとつ変わっていない

「御主人様がどうしようもないくらい女好きの最低野郎だということくらいは認識しておかなければ、下僕壱号は務められませんもの」「ひでえいいざまだ」 とはいいながら、セツナはレムのその評価を否定しようとは思わなかった

傍目から見ればその通りとしかいいようがないだろう

昔からだ

そういう評判が流れているという話を聞いたこともある

そして、そういう評判に対し、憤ることさえなかった

常に美女を侍らせ、甘ったるい空間を作っているというのは、一面で見れば事実以外のなにものでもないのだ