高島屋 バカラ ショップ

高島屋 バカラ ショップ

しかしながら、アズマリアが宿っているというだけでイルやエルとは大きく異なる印象を受けるのは不思議だった

「準備は整ったようだな」 アズマリアが口を開く

一日あまり待たせたことに対する恨み言ひとつないところを見ると、彼女自身、唐突な提案だという認識があったのだろう

あなたも好きかも:シンフォギア パチンコ 甘
拒絶されることさえ考えていたのかもしれない

「ああ、三人ともな」 肯定するとともに振り返る

あなたも好きかも:熊本 市 パチンコ 優良 店
 アズマリアが提案した異世界での試練に赴くのは、ファリア、ミリュウ、ルウファの三人だ

いずれも旅装の上、大荷物を抱えているが、それらは異世界での試練が長引く可能性を考慮したためのものだ

主に日々の着替えであり、衣服だけで膨大な数にならざるを得なくなったのは、転移先の異世界で衣服を選択することができるのかどうかもわからないからだった

 そもそも着替える暇があるのかどうかもわからない

あなたも好きかも:パチンコ セブン スター
 試練が始まれば、休息の時間さえ与えられないかもしれないのだ

 それでも、準備は万端整えておくべきだったし、そのためだけに一日の猶予を必要とした

「覚悟はいいな? 一度門を潜れば最後、試練を終えるまで還ってくることはできないのだぞ」 アズマリアが忠告を発するのは、試練が失敗に終わるわけにはいかないからなのだろうが

「そんな気はしていたわよ」「そうね……」「まあ、そうでしょうとも」「疑問なんだが、なんでだ? 門は常に繋がっているんじゃないのか?」 アズマリアは、ファリアたちの転送先となる異世界を見失わないようにするため、常に門を維持し続けるといっていた

それはつまり、ファリアたちが異世界とイルス・ヴァレを行き来できるということにほかならないのではないか

「試練の主がそれを許すまいよ」 アズマリアが端的に告げてきた

そして、こうもいう

「こちら側が一方的に持ちかけるのだ

一度逃げ出せば最後、二度目はないと考えて然るべきだ