玄海 スロット

玄海 スロット

「カメラは先生が預かる」 生美は「はい」と素直にそれを原田に渡し、首を傾げた

「それ、どうするんですか? 一応“証拠品”ですけど? 警察に届け出ますか?」 方眉を上げる生美に原田はビデオカメラを持ったまま少し笑った

「学園の所有物かもしれないからな、調べて、そうじゃなければ、“落とし物”として保管しておく」「……落とし物、ねえ」 少々腑に落ちないが、生美はため息を吐いて腰に手を置いた

「先生も大変だろうけど、あとちょっとであの二人の担任も降りるから

あなたも好きかも:きゃぷつば パチンコ
がんばってください」 生意気にポンポンと背中を叩き、笑い合う優樹たちの方へ歩いて行く生美に原田は「ったく……」と呆れた笑みを浮かべた

 ――その後、勝利の余韻も冷めないまま、簡単なホームルームを終え、「お疲れ様でしたー!」と、みんなは教室を片付けて笑顔を残し、帰宅の途に就いた

あなたも好きかも:マギカ3 スロット
「さみぃってマジで」「……コートを着てます」「それでもさみぃって」「……うるさい人ですね」 陽が暮れようとする空の下、屋上に吹く北風は日中よりも冷たく感じる

 ゲームを終えたあとも特にみんなと喜び合うことなく、教室を出て昇降口には向かわない足を追ってきた

 立花はブルッと震え上がりながらコートのポケットに両手を突っ込んで首を縮めた

「屋上に来るのは五月くらいからにしろよ

その頃になりゃあ暖かくて何分でも居られる」「……居る必要はないでしょう?」 お昼同様、声まで震わせて隣に腰を下ろす気配に呆れたため息を吐くと、弥生は金網に両手の指を絡めて地上を見下ろした

「……先ほどはご迷惑をお掛けしました」 静かな謝罪に、立花は「ん?」と隣を見上げた

あなたも好きかも:セグ パチンコ
「もたついてしまって……」「って言うかおまえ、オレと競争始めた途端に早くなるってどういうことだよ?」「あなたに負けたくはなかったので……」「……、ホントにムカつくヤツだな」「ええ、ムカつかせているんです……」「……」「嘘です……」 ギロッと睨む視線を受け、弥生は彼に目を向けることなく地上を見つめて深く息を吐き出した

「情けない話ですね

……本当に」「別にいいんじゃね? 他にももたついてたヤツはいたんだしよ」「……私の話ではなくてあなたの話です」 冷静に遮られて立花は目を据わらせ、ふて腐れながら山にしている膝に視線を落とした

「言われなくてもわかってるっつーんだよ……」「……駄目な人ですね」「うるせぇ」 フン、と無愛想にそっぽ向いたあと、しばらく沈黙が続き、立花は再び膝に視線を落としてため息を吐いた

「……何やってンだかな