韓国 カジノ 両替

韓国 カジノ 両替

 魔法陣を地面に書いたりするための道具や、大地母神にささげるための供物を用意したりする必要はあるが、それらは特に貴重なものというわけではない

 そうした下準備を全て終えたシュレインは、ようやく儀式を開始したのである

 錫杖を持って祝詞を唱え始めたシュレインに合わせるように、すぐに儀式に変化が起こった

あなたも好きかも:金さん パチンコ 104
 シュレインが唱える祝詞に合わせるように、周囲で精霊の光が乱舞し始めたのである

 エルフの一部を除いて、普段は精霊光など見られるものではない

 それが、シュレインがなにもしなくてもみられるようになっているのだから、儀式の影響と言っていいだろう

 もっとも、儀式はまだ終わったわけではない

 シュレインは、内心で驚きつつも儀式を成功させるべく、最後まで祝詞を唱え続けた

 祝詞の終了とともに、乱舞していた精霊光がシュレインの目の前に集まり、用意していた台座の上にゆっくりと降りて行った

あなたも好きかも:パチンコ 無制限台
 そして、その光が消えたあとに、水晶のような透明な球体のなにか(・・・)が置かれていた

 儀式を始める前はなかったので、精霊たちが置いて行ったことは間違いない

 危険はないと判断したシュレインは、その球体を手に取ってつぶさに確認した

「水晶・・・・・・のようにも見えるが、なんじゃろうな?」 手に取ってみたが、水晶であるかどうかまでは特定できなかった

あなたも好きかも:スロット オーギヤ
 精霊が置いて行ったものがなにかはわからないが、結果を残せたということで、儀式は成功したと言っていいだろう

 また新しく古い儀式を復活(?)させたということで、シュレインは上機嫌に部屋を出て行った

 勿論、水晶のようななにかを回収することは忘れない

 次のシュレインの仕事(?)は、その水晶もどきがなんであるかを確認することだ

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦「コウスケ、これがなんであるか、わかるかの?」 ヴァンパイアの里に戻っていると思っていたシュレインが、そう言いながらいきなり差し出してきた物を見て、考助は首を傾げた