真女神転生2 スロット

真女神転生2 スロット

シャンピニー=シュル=マルヌの北西1.5キロ)付近のヴュルテンベルク王国(W)師団前哨線に攻撃を敢行しますが、こちらも短時間の戦闘後、仏軍はマルヌを渡河して引き上げざるを得なくなるのです

 とはいえ、独軍包囲網に脅威となったものもあり、それはパリの外堡に備えられていた重砲で、特にドゥ・モン=ヴァレーリアン要塞(シテ島の西北西10.2キロ)に据えられた24センチ海軍艦載砲(既述

ラ・ヴァレリともラ・ジョセフィーヌとも呼ばれました

「シャンピニーの戦い」参照)は操作する海軍砲兵の腕にも支えられ動くもの全てを目標に五月雨的な砲撃を続行し、たった1門とは言うもののパリ北西部の独軍包囲網にとって恐怖の的となっていました

あなたも好きかも:無料 スロットゲーム pc
しかし独大本営にとってそれ以上に目障りであったものは、東側包囲網面前のアヴァロン山(モン・アヴァロン

あなたも好きかも:深江橋 パチンコ
ヴァンセンヌ城館の北東6.5キロ付近

現コトーダヴロン公園の北側部分)にある仏軍の大規模砲撃陣地(各種砲70門前後)で、交通壕を巡らせた砲台群と多くの守備隊に護られたこのパリ東郊高地は、マルヌ川以北の独軍包囲陣を見降ろす位置にあって度々猛砲撃を行い、非常に厄介な存在となっていたのでした

 そこでベルサイユ在の独大本営はシャンピニーの戦い直後の12月4日、パリ北方の包囲網を維持するマース(独第四)軍に対してヴィルヘルム1世国王名義で「アヴァロン山の仏軍を駆逐せよ」と命じたのでした

 しかし元はと言えば敵と広野で会戦することが任務の野戦軍であるマース軍に「半」恒久陣地と化しているアヴァロン山の攻略は荷が重過ぎたため、独参謀本部は予め本国残留の陸軍省幹部と協議し、攻城砲の15センチカノン砲30門・12センチカノン砲20門・要塞砲兵6個中隊を独本土から呼び寄せマース軍に与えることとするのです

同時にラ・フェール要塞を陥落させたばかりの砲兵隊長バルチェ大佐は「麾下の15センチカノン砲10門と12センチカノン砲16門、要塞砲兵4個中隊を率い、直ちに鉄道輸送にてスブラン(ドランシーの東北東6.5キロ)に至れ」と命じられました

あなたも好きかも:パチスロ 仮面ライダーblack 背景
その他パリ北西面に対する砲撃準備として集積されていた砲兵用の資材はこれを対アヴァロン山砲撃に流用することとされ、その準備に従事していた工兵や砲兵と共にパリ東側の包囲網へ移動するのでした

パリ包囲網の独軍哨所 さて、独大本営では9月末以来「パリ砲撃」を巡る論議と作戦の検討、そして砲撃準備が延々と続いて来ましたが、シャンピニーの戦いとパリ解放に向かう予定だった仏ロアール軍の崩壊で「仏が本格的なパリ解囲を謀ることは最早不可能となったため、いよいよパリ市街を砲撃し降伏を促す時期が到来した」との意見が優勢となります

 参謀総長のフォン・モルトケ歩兵大将は包囲の当初(10月初旬頃まで

「パリ砲撃を準備せよ」参照)にはパリ砲撃を目指して攻城砲準備を命じていましたが、やがて仏の鉄道網や幹線道路の状態が想像以上に酷く、攻城砲用の弾薬や資材を早期にパリ包囲網まで運搬することが不可能と悟ると砲撃否定論へ転換しました

これはなにも人道的理由を考慮したものではありません

攻城砲撃は単独の要塞(これまでに陥落したトゥール、ソアソン、ベルダン、ティオンビルのような)に対するものであれば時短として有効であるものの、パリのような巨大で外堡がしっかりと存在する「大要塞都市」に対して行えば、資材と人員の浪費は膨大となり、砲撃だけでなく大掛かりな正攻法をも実施しなければ陥落させることなど出来ない、との「軍事常識」が元にあったのです

そこで、「攻城砲撃の早期実施が不可能ならば」わざわざ困難と知れている砲撃をせずとも、このまま厳重な包囲を続けて行けば多数の一般市民を抱えたパリでは更なる飢餓と厭戦気分が蔓延し、住民等の不満と不安に圧されたトロシュ政権は、(砲撃した場合より)多少時間は掛るものの必ずや白旗を掲げるか一か八かで撃って出るしかなくなるだろう(メッスの陥落が前例となります)、と考えたのです

 ところが、政治・外交を司る首相ビスマルクや陸相ローンらの考えは違いました

 元来ビスマルクは普墺戦争でもそうであったように「戦争は政治の一手段」であって「敵が打撃を被り弱気になった直後に止めるもの」との考えです