米子 パチンコ 求人

米子 パチンコ 求人

 優樹が笑顔で相槌を問うと、おとなしくジュースを飲む流優と優流は「ん?」と首を傾げる

同じタイミングで同じ方向に首を傾ける二人に、「プッ」と大介は噴き出し笑った

「なんやめっちゃ変やぞっ

鏡みたいやっ」「優流は鏡に映った自分を見て流優だと勘違いして、駆け寄ってぶつかってたよ」 反町にさらりと暴露されてみんなに笑われるが優流にはわからない

「んん?」と見回す流優と優流に、「気にしなくていいから」と、優樹は苦笑して二人に食事を勧めた

 ――その後、それぞれ自由に食事を楽しみ、昨夜同様、一平も交えて再び大学での話にも華が咲く

ただ一人、大学に通っていない優樹もみんなの話に笑っていたが、子どもたちがウロウロとし出すと後を追い掛けたり、連れ戻したり

あなたも好きかも:スロット 帰省
「お母さんって、大変ですね……」 動き回る息子たちに「森の中からオバケさんが出るよ?」と腰を下ろして脅かしていた優樹は、声を掛けてきた弥生を見上げて苦笑した

あなたも好きかも:オンラインゲーム 友達募集
「学生のみんなの方が大変だと思うよ?」「そうですか……? どう見ても、優樹さんの方が大変そうですけど」 彼女が目を向ける先では反町たちがお酒を飲みながら楽しげに談笑している

 その視線を追った優樹は「ふふっ」と笑った

「お話も楽しいけど子どもたちといるのも楽しいし

あなたも好きかも:はいふり スロット 天井
それに、私はまだ自由な方

お母さんたちもいるし、みんなもいるしね」 優樹が微笑み答えていると、「うぁー」と優流が腰を下ろした弥生に腕を伸ばして抱きついた

――と思ったら「隙あり!」とチュッとキスをしてしまい、優樹は「ああっ!」と焦った

「ご、ごめんねっ」 立花は見ていなかったか!? と辺りを確認して謝るが、弥生はいつも通りの無表情さで「……いえ」と軽く首を振った

「優流君は、キス魔ですね……」「ご、ごめんねホント」 優樹はペコペコと申し訳なく謝る

「私はもうやめるようにしてるんだけど、お母さんたちがまだしちゃうから」「思春期になった時にからかって遊べるいいネタですね……」 根暗に企みながらも、長い黒髪を束で握って遊ぶ優流の頭を撫でる

気の優しい弥生に優樹は苦笑し、「ほら」と、流優のすれたズボンを上げながら彼女に笑い掛けた

「結婚の話とか、進んでるの?」 立花に訊いても「うるせぇ」と睨み突き放されるし、彼がいては遮られる話だが、今なら弥生しかいない